暮らしの保健室 わたしたちについてのページ

はじめに

NPO法人スプリング

NPO法人スプリングについて

NPO法人スプリングは、地域住民に対して、文化、芸術、スポーツ等の地域活性化に関する事業及び、地域の情報化に関する事業を行い、まちづくりの推進と文化、芸術、スポーツ等の振興に寄与することを目的として設立しました。

主にまちづくり・学術・文化・芸術・スポーツ・子どもの健全育成を活動分野として【いなべ暮らしの保健室】の運営をしています。いなべ暮らしの保健室は放課後児童クラブに併設されており、ケアマネジャー、理学療法士、作業療法士の経験があり、地域住民に対して病気の悩みや健康に関する心配ごとを相談したり、暮らしの図書室・モーニング・お野菜の宅配サービス・各種イベントをしたりと誰でも立ち寄ることの出来る地域交流の場所になります。

暮らしの保健室ってこんなところ

医療と暮らしに関する悩みや不安の無料相談窓口

暮らしの保健室には、理学療法士や看護師、ケアマネージャーなど、医療・介護の専門家が常駐しております。日々の生活の中で抱える医療や介護だけでなく、様々な困りごとの相談を受け付けています。どうぞお気軽にお越しください。

地域のみなさまに健康づくりに関する情報を発信

健康づくりのための、教室や催し物を開催していきます。
地域のみなさまが健やかに生活を送れるように寄り添っていきます。
遠方で暮らしの保健室に来られにくい方向けの出張型健康教室も受け付けております。

世代を超えて繋がる交流の場所

いなべ暮らしの保健室は、放課後児童クラブに併設されております。
かつては、おじいちゃん、おばあちゃんと同居することが当たり前であり、地域の中に多世代の交流が育まれていました。
しかし、核家族化の進む現代ではそのような機会が乏しくなっています。そのため、いなべ暮らしの保健室では、地域の子ども達とシニアとの交流など、多世代が繋がる場所にしたいと考えております。

誰でも立ち寄ることの出来る地域に開かれた場所

誰かに話を聞いてもらいたいときはあると思います。
独りぼっちでいたくないときもあると思います。
そんな時に、ふっと立ち寄れる場所が暮らしの保健室です。
どなたでもいつでもお越しください。

スタッフ紹介

保健室スタッフ

スタッフは集落支援員としていなべ市の委託を受けながら活動しています。

理学療法士・作業療法士・コミュニティナース・ケアマネジャーなどが在籍しています。また、地域住民もボランティアとして活動に参加してくれています。

いなべ暮らしの保健室 アクセス

いなべ保健室

いなべ保健室

いなべ保健室

住所
三重県いなべ市員弁町楚原644-19
メール
inabehokenshitu@gmail.com
電話
090-1789-0904
開所日
平日 午前9時~午後5時(土日祝日休み)

ふじわら保健室

ふじわら保健室

住所
いなべ市藤原町市場 494-2(藤原社会福祉センター内)
メール
inabehokenshitu@gmail.com
電話
090-1789-0904
開所日
平日 午前9時~午後5時(土日祝日休み)

ほくせい保健室

ほくせい保健室

ほくせい保健室

住所
いなべ市 北勢町阿下喜974番地 旧阿下喜幼稚園跡(瑠璃庵内)
メール
inabehokenshitu@gmail.com
電話
090-1789-0904
開所日
平日 午前9時~午後4時